自治医科大学 分子病態研究部 - 生体分子イメージング手法を組み入れた生活習慣病(肥満・糖尿病・血栓止血領域等)を対象とした基礎研究部門

自治医科大学
分子病態治療研究センター

分子病態研究部

西村研究室

〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1


TEL: 0285(58)7397(受付)
FAX: 0285(44)7817


画像・動画のご使用に
ついてはご連絡下さい

研究内容

HOME » 研究内容

研究内容について

当研究室は昭和49年4月に我が国で初めての止血血栓学を専門とする教室として産声を上げました。
血栓凝固系のα2プラスミンインヒビタを発見し、また、臨床面では播種性血管内凝固(DIC)症候群の診断基準作成、および、先天性凝固異常症の解析に取り組んで来ました。また、血友病の治癒を目指した遺伝子治療法の開発・応用を目指して、基礎・臨床研究を行っています。さらに、平成25年8月より西村智現教授が赴任し、生体に特化した二光子顕微鏡を導入するなど生体を中心とした生体内(in vivo)イメージング、慢性炎症の関与する生活習慣病の病態解析にも研究領域を拡げています。